<名古屋食肉公社>債務12億円、銀行が免除へ 市が表明(毎日新聞)

 名古屋市の外郭団体「名古屋食肉公社」(港区)が「愛知食肉卸売市場協同組合」に15億円の保証金を支払っていた問題で、市は8日、うち12億円について銀行から債務を免除してもらえるめどが立ったことを明らかにした。市議会本会議で佐藤典生市議(共産)の質問に答えた。

 公社は01年、市中央卸売市場高畑市場から同南部市場に移転する際、同組合から冷蔵倉庫を借りるに当たり期間20年の予約契約を締結。保証金として15億円を東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)から借りて組合に払った。

 鈴木邦尚・市民経済局長は答弁で「15億円のうち12億円の免除を受けるめどが立った」と述べた。10年度予算案に計上した公社への貸付金5億円を「借入金の返済に充てる3億円と運転資金2億円」と説明した。

 組合は09年1月、名古屋地裁に民事再生法の適用を申請したが同年12月に打ち切られ、事実上の破産状態にある。【岡崎大輔】

<行政書士>警視庁が監視強化 外国人の不法就労助長(毎日新聞)
民主、「議員政策研」新設へ=政調復活論に配慮(時事通信)
長野県・美ケ原 零下に咲く「氷の花」(産経新聞)
新型インフルによる血液製剤回収を取りやめ(医療介護CBニュース)
小沢氏の自発的決断を期待 前原国交相(産経新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-03-10 00:01