有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待−政府(時事通信)

 政府の雇用戦略対話ワーキンググループは、6月をめどにまとめる新成長戦略のうち雇用・人材分野について、2020年までの目標案を19日決めた。目標案は08年に47.4%にとどまる有給休暇取得率を、20年に70%に引き上げることなどを明記。余暇増大による消費刺激効果を期待している。
 政府は今月下旬、鳩山由紀夫首相らをメンバーとする雇用戦略対話の会合を開き、目標案の論議に入り、5月下旬に正式決定する。新成長戦略では、雇用・人材戦略を柱の一つに据えた。 

浅田選手ら招き春の園遊会(時事通信)
三菱鉛筆がこすると消せるボールペン、一定の温度で消えるインク使用。
エプソンのパソコン発火の恐れ、無償修理(読売新聞)
パトカーと軽衝突、女性骨折=群馬(時事通信)
<火山噴火>成田まだ混乱…炊き出しで市が支援(毎日新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-04-20 04:17