山崎さん、地球帰還延期 日本文化多く発信 随所に女性らしさ(産経新聞)

 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)=犬塚陽介】日本人2人目の女性飛行士の山崎直子さん(39)ら7人を乗せて5日に打ち上げられたスペースシャトル「ディスカバリー」は米東部時間の19日朝(日本時間同日夜)、米航空宇宙局(NASA)ケネディ宇宙センターの天候悪化で帰還を1日延期した。米東部時間の20日午前7時34分(日本時間同日午後8時34分)に帰還する予定。

 シャトルは今年9月の退役が決まっており、約20年にわたり日本の宇宙開発を牽引(けんいん)してきた日本人飛行士のシャトル搭乗は、今回で終了する。

 初飛行の山崎さんが国際宇宙ステーション(ISS)に到着したのは日本時間7日。巨大な構造物を目の当たりにして「光を受けて輝き、本当に人の力はすごいと思った」。シャトルクルー7人の中で真っ先にISSへ飛び込み、長期滞在中の野口聡一さん(45)と日本人同士で初めて宇宙で対面した。ロボットアームで物資補給コンテナをISSに取り付け、物資の搬送作業を指揮した。

 滞在中は薄桃色の着物姿で手巻きずしを握ったり、扇子を手に“無重力の舞い”を演じたりと、日本文化を積極的に発信。琴の演奏や俳句も披露した。

 女性らしさも随所に見せた。スリムなデザインのカーディガンやピンクのシャツを着こなし、左手の薬指には銀色の指輪も。

 地上で見守る家族には、「いつか3人で宇宙旅行したい」「宇宙から宇宙一の愛をこめて」とメールで送信。娘に依頼されたシャボン玉実験も行い、任務の中でママの顔ものぞかせた。

【関連記事】
宇宙ミズナが地球へ ママさん飛行士のスペースシャトルで
両親へ“宇宙からの手紙” 山崎さん「ありがとう」
山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲
「早く先輩のように」訓練中の飛行士候補3人
宇宙飛行士の妻のため…“主夫業”歩んだ山崎大地さんのイバラ道

奈良の神鹿撃った男、動機は「肉で金もうけ」(読売新聞)
民主党 桂きん枝氏を擁立へ…参院選比例代表(毎日新聞)
学力テスト162万人参加へ=全公立校、13県で−文科省(時事通信)
普天間移設 辺野古浅瀬案、提案へ 政府、米側に苦肉の策(産経新聞)
佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断(産経新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-04-22 11:29