インフル行動計画検証へ 強毒性への備え構築(産経新聞)

 長妻昭厚生労働相は2日、弱毒性とされる今回の新型インフルエンザに対して講じた対策の検証を行い、強毒性の新型インフルが発生した場合の対策を新たに検討する方針を明らかにした。長妻厚労相は「今回の新型インフルで見えた課題を検証し、備えを構築したい」としている。

 現在の行動計画は、平成15年ごろから東南アジアなどで強毒性の鳥インフル(H5N1)に人が感染し、死亡するケースが相次いだことから、鳥インフルが強毒性の新型インフルに変異することを想定し、17年に策定された。

 行動計画は新型インフルが発生した場合、飛行機内で検疫を行うことや、外出・集会の自粛などを規定し、感染拡大防止のため、国民の行動を大きく制限する内容となっている。

 厚労省は今回の新型インフルで取られた機内検疫や医療体制を検証し、新たな対策につなげる方針。

【関連記事】
第一三共、初の純国産インフル治療薬を承認申請
新型インフル 国産ワクチン接種後に女性死亡
京産大と大阪府立大連携、鳥インフルや食の安全で
新型インフル感染で報告、自宅待機は中小企業の4割
予防接種法の臨時接種 弱毒性の枠組み設置へ

明石歩道橋事故で“検察官役”に3弁護士を選任 神戸地裁(産経新聞)
将棋 渡辺竜王が初のA級入り 名人戦順位戦(毎日新聞)
難病の肺動脈性肺高血圧症 薬高額…健保組合の財政直撃(産経新聞)
風速31メートル 雪道そろり 佐渡(産経新聞)
【新・民主党解剖】第3部 沈黙の帝国(下)みんな「小沢」に右往左往(産経新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-02-09 18:40