カテゴリ:未分類( 61 )

 ■“異端”の素顔とは

 作家による文学の新ジャンルや新たな文体への挑戦はほぼ試され、書き尽くされたのではないか。こんな想像を軽々とぶち破る“異端作”が登場した。第8回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作『トギオ』は、かつてない文体で新分野を拓(ひら)きながら、読者を異次元の文学世界へ引き込んでいく。

 同賞への応募は4度目の挑戦という。なぜ“このミス”だったのか?

 「ほかの賞の選考委員はたいてい小説家です。たぶん僕の小説は初めから選考ではじかれてしまうと予想できました。だからプロの読み手に判断してほしかったんです」

 “このミス”の選考委員は小説家ではなく書評家たち。そのプロの読み手はどう講評したのか。

 大森望氏は「冒頭の一行から尋常ではない」と驚き、茶木則雄氏は「一言で言って、ものが違う、と感じさせる異彩ぶりだった」と称(たた)え、吉野仁氏は「『このミステリーの枠を超えてすごい!』大賞は文句なしに、これ」と大絶賛した。

 異才が育(はぐく)まれた背景を探ると「大学時代にどうも自分は組織に向いていないなと気付きまして…」。現在30歳。就職活動を途中でやめたため社会人経験はない。自宅に引きこもり、いわゆるニートとして過ごしてきた。が、大学4年生のとき、本格的に小説を書き始める。同賞にこだわった理由は「選考委員の講評をすべて教えてくれるから」。弱点を克服しながら、独創的な文体を練り上げていった。

 貧しい村で激しくいじめられ傷つけられた主人公の少年が港町へ逃亡し大都会・東暁に流れ着く−という物語。東暁とは“歪(ゆが)んだ大都市・東京”を指すと想像できる。

 朝から昼過ぎまで執筆し、午後3時から散歩に出掛け、本屋で数冊買って帰宅、夕食まで執筆する。この生活を変えるつもりはないという。「賞金の使い途? 好きな本を買いたいです」。“異端”な青年の素顔は柔和だった。(宝島社・1470円) 戸津井康之

                  ◇

【プロフィル】太朗想史郎

 たろう・そうしろう 昭和54年、和歌山県生まれ。小学6年から中学卒業まで英ロンドンに在住。一橋大学卒業。

赤旗vs日刊ゲンダイ 小沢疑惑報道で「場外乱闘」(J-CASTニュース)
患者死亡で山本病院理事長ら逮捕 奈良、業過致死容疑で(産経新聞)
小沢氏立件なら議員辞職も=民主渡部氏(時事通信)
休校など減少傾向も「今も流行中」―新型インフルで厚労省(医療介護CBニュース)
寒い!北海道・占冠で氷点下34・4度(読売新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-02-12 17:31
 6日午前3時40分頃、岐阜県各務原(かかみがはら)市鵜沼三ツ池町の国道21号交差点で、信号待ちをしていた各務原署のパトカーに軽乗用車が追突、運転していた同署地域課の男性巡査(24)と助手席の男性巡査長(42)が首に軽傷を追った。

 車はそのまま逃走したため、追突されたパトカーが追跡。車は現場から約1・4キロ東の同市鵜沼各務原町の交差点角にある石柱にぶつかって停止し、同署員が運転席の男を道交法違反(事故不申告)の疑いで現行犯逮捕した。同乗していたもう1人の男は逃走した。

 発表によると、逮捕されたのはブラジル国籍の住所不詳、無職ハヤシ・ジェフェルソン容疑者(21)。飲酒検知したところ、基準値を上回るアルコール分を検出した。逃走した男もブラジル人とみられ、同署が行方を捜している。

<つくば風車>業者丸投げ 助役も賠償責任 東京高裁(毎日新聞)
朝青龍は不在、成田山新勝寺で豆まき(読売新聞)
石川議員の辞職勧告決議案を午後提出へ 自公両党とみんなの党 陸山会の政治資金規正法違反事件で(産経新聞)
<裏金接待>前福岡副知事を収賄容疑で逮捕(毎日新聞)
【中医協】再診料統一、診療側と支払側の溝埋まらず(医療介護CBニュース)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-02-11 14:35
 妻の不倫に激怒し暴行を加え、死亡させたとして、傷害致死罪に問われた広告代理業粕加屋武宏被告(44)の裁判員裁判で、仙台地裁(卯木誠裁判長)は3日、懲役5年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。
 判決は「同様の事件の量刑は懲役3〜6年の範囲に分布している。命が奪われた結果は重い」と指摘した。弁護側は一人息子が刑務所に行くことを望んでいないとして、執行猶予を求めていた。
 弁護人は、判決が量刑分布に触れた点について「何のために市民を入れているのか。裁判員がどのような判断をしたのか。聞けるなら聞きたい」と話した。
 裁判員を務めた男性(48)は記者会見で「裁判長が言ったことがすべてです」と守秘義務を意識し、答えていた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
誤信殺人の被告に実刑=「責任重い」
わいせつ殺人、起訴内容認める=遺族の夫が被告に質問-43歳男の裁判員裁判・静岡
長男殺害、両親に実刑=裁判員「知的障害に支援必要」
介護疲れ夫刺殺、妻に実刑=裁判員「もっと国支援を」

アカデミー賞候補に「アバター」など10本(産経新聞)
日記に「説明ちんぷんかんぷん」=山本病院患者死亡事件−奈良県警(時事通信)
新聞配達員が自宅で死亡、首にビニール製ひも(読売新聞)
「関連あり」報告、3例目=新型ワクチン接種後に死亡−厚労省(時事通信)
起訴後、高級志向が加速…連続不審死・木嶋被告(読売新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-02-10 14:11
 長妻昭厚生労働相は2日、弱毒性とされる今回の新型インフルエンザに対して講じた対策の検証を行い、強毒性の新型インフルが発生した場合の対策を新たに検討する方針を明らかにした。長妻厚労相は「今回の新型インフルで見えた課題を検証し、備えを構築したい」としている。

 現在の行動計画は、平成15年ごろから東南アジアなどで強毒性の鳥インフル(H5N1)に人が感染し、死亡するケースが相次いだことから、鳥インフルが強毒性の新型インフルに変異することを想定し、17年に策定された。

 行動計画は新型インフルが発生した場合、飛行機内で検疫を行うことや、外出・集会の自粛などを規定し、感染拡大防止のため、国民の行動を大きく制限する内容となっている。

 厚労省は今回の新型インフルで取られた機内検疫や医療体制を検証し、新たな対策につなげる方針。

【関連記事】
第一三共、初の純国産インフル治療薬を承認申請
新型インフル 国産ワクチン接種後に女性死亡
京産大と大阪府立大連携、鳥インフルや食の安全で
新型インフル感染で報告、自宅待機は中小企業の4割
予防接種法の臨時接種 弱毒性の枠組み設置へ

明石歩道橋事故で“検察官役”に3弁護士を選任 神戸地裁(産経新聞)
将棋 渡辺竜王が初のA級入り 名人戦順位戦(毎日新聞)
難病の肺動脈性肺高血圧症 薬高額…健保組合の財政直撃(産経新聞)
風速31メートル 雪道そろり 佐渡(産経新聞)
【新・民主党解剖】第3部 沈黙の帝国(下)みんな「小沢」に右往左往(産経新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-02-09 18:40
 山梨県富士河口湖町で新聞販売店女性従業員が殺害された事件で、県警富士吉田署捜査本部は8日、強盗殺人容疑で指名手配していた元同僚で甲府市中小河原1、飲食店員、田中龍郎容疑者(57)を逮捕した。田中容疑者は「そんなことはしていない」と容疑を否認しているという。

 容疑は1月31日ごろ、同町船津の平尾恵美子さん(61)の自宅で平尾さんの首をビニールひもで絞めて殺害し、現金数十万円を奪ったとしている。

 捜査本部によると、田中容疑者は以前、平尾さんと同じ新聞販売店に勤務。田中容疑者から任意で事情を聴いていたが、5日に行方が分からなくなった。同日、遺体の着衣に付いていた遺留物のDNA型が田中容疑者と一致したため指名手配。山梨県警の捜査員が8日午後1時50分ごろ、静岡市清水区の温泉宿泊施設で見つけた。【中西啓介】

【関連ニュース】
山梨殺人:新聞販売店員殺害容疑 知人の男を指名手配
殺人:新聞販売店員が自宅で殺される…山梨・富士河口湖
山梨・富士河口湖の新聞店員殺害:知人の男を指名手配−−県警
富士河口湖の新聞店員殺害:元同僚の男、指名手配 県警、事件直後から聴取 /山梨
富士河口湖の新聞店員殺害:食後4〜6時間後殺害か 犯人、玄関から侵入? /山梨

「やまゆき」堺泉北港に入港 7日、一般公開(産経新聞)
朝青龍 聴取へ 傷害容疑で立件判断 警視庁(毎日新聞)
一般歳出は0.2%増=10年度地方財政計画案−総務省(時事通信)
「あなたの所有物ですね」「はい」… 凶器のナイフ示され、うなずく被告(産経新聞)
亀井氏釈明「不適切」 連続児童殺傷引用(産経新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-02-09 01:06
 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、民主党衆院議員、石川知裕(ともひろ)容疑者が起訴されたことを受け、自民、公明、みんなの野党3党は4日、石川議員に対する議員辞職勧告決議案を衆院に提出した。

 民主党は「本会議にはかけず、そのままにしておけばいい」(党幹部)として審議せずに廃案にする方針。ただ、与党・社民党は4日、常任幹事会を開き、決議案への対応は留保したが、「政治的道義的責任を重く受け止めて石川氏本人が自ら議員辞職するに値する」(重野安正幹事長)との認識で一致している。

【関連記事】
小沢氏を「嫌疑不十分」で不起訴に 刑事責任追及は困難と判断
石川議員ら3人を政治資金規正法違反で起訴
輿石氏会見「小沢幹事長は辞任する必要はない」
石川議員起訴なら自民、公明、みんなの党の3党で辞職勧告
社民・重野幹事長「(石川容疑者は)議員辞職に値する」

参院選「小沢氏仕切って」 首相(産経新聞)
仙台、福井の被害品 香港で押収 国内20〜30件 爆窃団関与?(産経新聞)
<子ども手当>首相「公約通りに」満額支給 衆院本会議答弁(毎日新聞)
大雪と強風 新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響 (毎日新聞)
<陸山会土地購入>大久保秘書、虚偽記載関与認める供述(毎日新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-02-08 06:03
 日本三大桜の一つで、国天然記念物に指定されている福島県三春町の「滝桜」について、観光客から観桜料を徴収することを定めた条例が3日、臨時町議会で可決された。

 同日からの施行で、今シーズンから1人当たり300円(中学生以下は無料)が徴収される。町が開設する臨時駐車場は無料にする。滝桜は2005年1月に雪害で枝が折れる被害に遭い、これを機に、町は保護・保存費用などすべてを税金で賄うのは無理があるとして、06年から任意の「協力金」制度を導入。臨時駐車場の使用料と合わせて、収入は滝桜の保護や管理、周辺施設の整備などに充ててきた。

 昨年は約32万4000人が訪れ、協力金は約2120万円。臨時駐車場使用料が約2832万円あった。

 しかし、普通車で500円、中・大型バスで3000円などの駐車料金を払った上で、さらに1人200円の協力金を求められることへの抵抗感や、任意であるため協力金を出す人が約4割と、不公平感を訴える声も町に届いていたという。

 このため町は、協力金と駐車場料金を一本化し、観桜客に負担を求める根拠を明確にしようと条例制定に踏み切った。町産業課によると、観桜料の徴収は、開花期で臨時駐車場を開設する4月上旬〜下旬の期間。町では約5700万円の収入を見込んでいる。

<前原国交相>「秘書3人起訴の事実は重い」(毎日新聞)
小沢氏を「嫌疑不十分」で不起訴に 刑事責任追及は困難と判断(産経新聞)
<認知機能検査>高齢者免許更新取り消しは2件 施行6カ月(毎日新聞)
小天体の衝突でも大災害か=国際協力で調査と対策を−米科学アカデミー報告書(時事通信)
元郵便局長を横領容疑で逮捕=客の保険金など8億円か−静岡県警(時事通信)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-02-07 07:34
 奈良市春日野町の春日大社で3日夜、神様に火を献じて無病息災などを祈る恒例の「節分万灯籠(とうろう)」があった。ろうそくに火がともされ、境内は幻想的な雰囲気に包まれた。

 春日大社には、平安時代以降に奉納された石灯籠約2000基と釣り灯籠約1000基がある。

 午後5時、花山院弘匡(かさんのいん・ひろただ)宮司が本殿前の灯籠に点火した後、神職らが回廊に次々と点火。舞楽が奉納された後、参拝者らが回廊を巡り、オレンジ色に揺らめく火の前で祈りをささげた。【花澤茂人】

【関連ニュース】
まんとくん:春日大社参拝
春日大社:興福寺貫首ら参拝 /奈良

400万円奪い逃走=男4人組、宅配業者装う−千葉(時事通信)
<知的障害者「基礎年金」>継続就労で相次ぐ減額や支給停止(毎日新聞)
<西武池袋線>夕方、踏切で人身事故 3時間半運転見合わせ(毎日新聞)
民主・山岡国対委員長、首相の施政方針べた褒め 「国民の立場の演説」(産経新聞)
<東京メトロ丸ノ内線>煙目撃で1時間、運転を見合わせ(毎日新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-02-06 11:53
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部は1月31日、小沢氏から2度目の事情聴取をした模様だ。小沢氏が1日午後に行う幹事長定例記者会見での発言が注目される。

 特捜部は前回1月23日の事情聴取で小沢氏から事実関係の説明を受けたが、その内容に対する疑問点などについて同31日午後、東京都内のホテルで小沢氏に再度説明を求めたとみられる。前回の聴取内容の延長線上とみられ、供述は調書にまとめられた模様だ。

 事件では陸山会による04年10月の東京都世田谷区の土地購入を巡り、小沢氏の手持ち資金4億円を支払いに充てながら政治資金収支報告書に記載しなかったなどとして、当時の事務担当者で小沢氏の私設秘書だった同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人が政治資金規正法違反容疑で逮捕されている。

 特捜部はこの4億円について、中堅ゼネコン「水谷建設」からの裏献金5000万円が含まれている疑いがあるとみているが、小沢氏は23日の事情聴取で、4億円の原資を「自宅を売却した際の残金や、家族名義の口座から引き出した資金」などと説明していた。

【関連ニュース】
陸山会事件:水谷に5000万円出金伝票
脅迫:首相官邸と小沢氏事務所に銃弾?送付
陸山会土地購入:石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁
陸山会土地購入:3容疑者拘置延長 共謀立証に詰めの捜査
陸山会土地購入:石川議員ら3人、10日間の拘置延長に

<北極振動>気象予想のかく乱要因 2月東日本、異例の修正(毎日新聞)
「実質ゼロ改定」報道に見解―厚労省(医療介護CBニュース)
<着服>司法書士が「過払い金」、和解書改ざんし 富山(毎日新聞)
ゼネコントップ聴取 胆沢ダム受注時の社長ら(産経新聞)
大阪府4保健所、結核検診4割誤判定の恐れ(読売新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-02-05 15:29
 砂糖じょうゆの甘辛いあんがからむみたらし団子は人気の和スイーツ。この味をロールケーキで再現した「京みたらしろーる」が、京都市のホテルグランヴィア京都2階、ペストリー&ベーカリーショップ「ル・タン」で販売され好評だ。

 京みたらしろーるは昨年、期間限定発売で注文が殺到。販売終了後も復活を望む声が多く、1月から再び販売を始めた。

 「まず素材ありきでした」と話すのは考案した佐藤伸二総料理長。京都の伝統食材を使った新商品を開発していた佐藤さんは、明治12年創業の「澤井醤油本店」の生じょうゆと、純米酒に徹する蔵元「玉乃光酒造」が使っている原料酒米に出合い、その味に納得。しょうゆや米からみたらしだんごを連想し、流行のロールケーキと結びつけた。

 米粉に小麦を加えた生地は、もっちりとしながらふんわり。苦労はクリームの味で、生クリームではしょうゆの味が強すぎた。試行錯誤の末バタークリームを使用。これにより風味豊かなクリームに仕上がった。中心部に入れたゼリー状のみたらしあんとの相性も絶妙で、やみつきになりそう。佐藤さんは「バタークリームが年配の方には懐かしく、若者には未知の味として楽しんでもらえるのでは」と話している。

 桐箱入り1本2千円。1日5本限定販売(予約は別途受け付け)。問い合わせはル・タン((電)075・342・5525)。

【関連記事】
しょうゆ・塩… 和風味スイーツ続々
堂島ロールの販売会社を提訴 ゴンチャロフ
最高級チョコを使用 ローソンがチョコロールケーキを発売 
恵方巻きの予約開始、サークルKサンクス
スイーツで女性にアピール 大手コンビニ、商品開発強化

横浜市、水道維持へ“技術”販売 節水浸透で収入源模索(産経新聞)
<地域委員選挙>ピンチ 参加申請3.3% 名古屋(毎日新聞)
宇宙産業で合同ミッション=アフリカに初の売り込み(時事通信)
第一三共、4―12月期決算を発表(医療介護CBニュース)
総務政務官「検察捜査は検証に値する」(産経新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-02-04 15:52