<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 裸男(はだかおとこ)が激しくぶつかり合う勇壮な「起(おこ)し太鼓」が19日夜、岐阜県飛騨市古川町で繰り広げられた。沿道や家々の2階には約3万人の見物客が陣取り、春浅い山間の町並みは荒々しい太鼓の響きに包まれた。

 この日開幕した気多若宮神社例祭「古川祭」の呼び物の一つ。午後9時過ぎ、町中心部の広場に約1000人の裸男が集結。大太鼓を乗せた高さ約3メートルの櫓(やぐら)を担ぎ、2人の男が大太鼓にまたがって太鼓を打ち鳴らした。櫓が古い町並みへ繰り出すと、町内各所で「付け太鼓」と呼ばれる小太鼓を持った裸男の集団が櫓に向かって突進し、櫓を守る裸男との間で激しい攻防を繰り広げた。

 江戸時代、祭りの準備の合図として太鼓を打ち鳴らし、町内を回ったのが始まりとされる。20日は豪華な祭り屋台9台の曳(ひ)き揃(そろ)えが行われる。【宮田正和】

<中期財政運営>閣僚委開く 財政目標への議論をスタート(毎日新聞)
峠の捨て犬救え!作家らが捕獲、飼い主探しへ(読売新聞)
サクラエビ 初水揚げ 駿河湾に春(毎日新聞)
金ジョンウン「写真」は「誤報」 韓国メディアが毎日報道を否定(J-CASTニュース)
「医療? 介護?」、保険適用に訪問看護師が混乱(医療介護CBニュース)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-04-26 14:05
 【ケネディ宇宙センター(米フロリダ州)=犬塚陽介】日本人2人目の女性飛行士の山崎直子さん(39)ら7人を乗せて5日に打ち上げられたスペースシャトル「ディスカバリー」は米東部時間の19日朝(日本時間同日夜)、米航空宇宙局(NASA)ケネディ宇宙センターの天候悪化で帰還を1日延期した。米東部時間の20日午前7時34分(日本時間同日午後8時34分)に帰還する予定。

 シャトルは今年9月の退役が決まっており、約20年にわたり日本の宇宙開発を牽引(けんいん)してきた日本人飛行士のシャトル搭乗は、今回で終了する。

 初飛行の山崎さんが国際宇宙ステーション(ISS)に到着したのは日本時間7日。巨大な構造物を目の当たりにして「光を受けて輝き、本当に人の力はすごいと思った」。シャトルクルー7人の中で真っ先にISSへ飛び込み、長期滞在中の野口聡一さん(45)と日本人同士で初めて宇宙で対面した。ロボットアームで物資補給コンテナをISSに取り付け、物資の搬送作業を指揮した。

 滞在中は薄桃色の着物姿で手巻きずしを握ったり、扇子を手に“無重力の舞い”を演じたりと、日本文化を積極的に発信。琴の演奏や俳句も披露した。

 女性らしさも随所に見せた。スリムなデザインのカーディガンやピンクのシャツを着こなし、左手の薬指には銀色の指輪も。

 地上で見守る家族には、「いつか3人で宇宙旅行したい」「宇宙から宇宙一の愛をこめて」とメールで送信。娘に依頼されたシャボン玉実験も行い、任務の中でママの顔ものぞかせた。

【関連記事】
宇宙ミズナが地球へ ママさん飛行士のスペースシャトルで
両親へ“宇宙からの手紙” 山崎さん「ありがとう」
山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲
「早く先輩のように」訓練中の飛行士候補3人
宇宙飛行士の妻のため…“主夫業”歩んだ山崎大地さんのイバラ道

奈良の神鹿撃った男、動機は「肉で金もうけ」(読売新聞)
民主党 桂きん枝氏を擁立へ…参院選比例代表(毎日新聞)
学力テスト162万人参加へ=全公立校、13県で−文科省(時事通信)
普天間移設 辺野古浅瀬案、提案へ 政府、米側に苦肉の策(産経新聞)
佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断(産経新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-04-22 11:29
 政府の雇用戦略対話ワーキンググループは、6月をめどにまとめる新成長戦略のうち雇用・人材分野について、2020年までの目標案を19日決めた。目標案は08年に47.4%にとどまる有給休暇取得率を、20年に70%に引き上げることなどを明記。余暇増大による消費刺激効果を期待している。
 政府は今月下旬、鳩山由紀夫首相らをメンバーとする雇用戦略対話の会合を開き、目標案の論議に入り、5月下旬に正式決定する。新成長戦略では、雇用・人材戦略を柱の一つに据えた。 

浅田選手ら招き春の園遊会(時事通信)
三菱鉛筆がこすると消せるボールペン、一定の温度で消えるインク使用。
エプソンのパソコン発火の恐れ、無償修理(読売新聞)
パトカーと軽衝突、女性骨折=群馬(時事通信)
<火山噴火>成田まだ混乱…炊き出しで市が支援(毎日新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-04-20 04:17
 鳩山由紀夫首相ら閣僚の記者会見にフリージャーナリストやインターネットメディアの記者が出席するなど、政権交代から半年を経て会見が様変わりしつつある。従来の記者クラブ主催の会見のほかに、自らフリー対象の会見を別に開く閣僚も増えており、6日には小沢鋭仁環境相も「一般会見」を初めて開催した。ネットから閣僚に質問が飛ぶといった新しい展開がみられる一方で、変化に伴う混乱もみられるようだ。

 ■ネットからヤジも

 6日、小沢環境相が開いた一般会見には、記者クラブに加盟した報道機関以外の11人を含む24人が参加した。「(会見開催は)うれしく思っています」。フリー記者の謝辞から質疑が始まり、国会開会中のため約15分と短かったにもかかわらず、生中継した動画サイト「ニコニコ動画」の閲覧者数は延べ2千人近くに上った。

 ただ、話題の専門性が高いためか、ネットでの反応はいまひとつ。「他の大臣会見を見て勉強してくれ」と、小沢環境相への痛烈な“ヤジ”も飛んだ。

 フリー向け会見は他に亀井静香金融相、枝野幸男行政刷新担当相が開いている。枝野氏は3月4日から「オープン記者会見」を主催。初日は、動画中継を内閣府側に止められたとするフリー記者と内閣府の事務方が、「規制した」「しない」で会見中に押し問答になり、枝野氏が仲裁に入るという珍場面もあった。

 ■総務省「ランク付け」

 オープン化の先駆けは外務省で、岡田外相は昨年9月末、いち早く会見を開放。今年に入ってからは海外の同行取材も認め、カナダのG8外相会合にネット記者が同行した。

 総務省が3月末に発表した記者会見のオープン化状況についての調査結果では、フリー記者らが参加と質問ができる「A」とされたのは鳩山首相、岡田外相ら14府省庁。最低の「D」は、記者クラブ加盟社記者のみの官房長官や宮内庁など3府省庁だった=表。

 オープン化された会見では、ネット上から質問も飛ぶ。ニコニコ動画のネット記者が事前に視聴者から集めた質問を一本にまとめたもので、4月2日の外相会見では「普天間基地移設問題でクリントン米国務長官が『現行案が望ましい』と述べたことの真意をどう解釈するか」。外相の答えに視聴者の注目が集まり、コメントは1時間超の会見で3万件を超えた。

 ■「主催」で温度差

 外務省がオープン化で先行した背景には、外相会見が以前から「外務省主催」で行われ、他省庁で多い「記者クラブ主催」ではなかったことが大きい。

 しかし、オープン化した環境省は、そもそもクラブ主催の会見でも総務省評価はA。小沢環境相は「現状でもオープンだが、さらにオープンにしてもらいたいという要望が週刊誌などで散見されたので」と説明、省内では「パフォーマンス」との見方もある。

 日本新聞協会は、閣僚主催の会見について「運営などが一方的判断によって左右される危険性をはらんでいる」と指摘。一方、「より開かれた会見を、それぞれの記者クラブの実情に合わせて追求していくべきだ」ともしている。原口一博総務相は調査結果を公表した会見で「更なるオープン化について閣内でも議論をしたい」と表明。今後、“落としどころ”を探る動きも加速しそうだ。

【関連記事】
民主、参院定数削減数明記へ 参院選マニフェスト
首相、記者会見は「質問者も責任ある」
岡田外相が閣議後の取材を拒否へ 外務省記者クラブに通告
外務省、フリー記者らにパス発給
名古屋市議会が記者クラブに撮影不許可
「中国内陸部の資源事情とは…?」

<パワーウインドー>11カ月女児が指切断…3月に都内で(毎日新聞)
<1歳児死亡>両親逮捕 揺さぶり死の可能性 大阪府警(毎日新聞)
パワーウインドーで指切断、11か月女児重傷(読売新聞)
ビジネス用小型機の利用促進=羽田で10月に規制緩和へ−国交省(時事通信)
住宅と物置、双方から出火し2人死亡…長野(読売新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-04-13 10:38
 興南(沖縄)の初優勝で幕を閉じた選抜高校野球大会。準優勝に終わった日大三の山崎福也(さちや)投手(17)は、脳腫瘍(しゅよう)という難病を乗り越え、決勝のマウンドに立った。惜しくも優勝は果たせなかったが、「野球がやれるだけで幸せ。いろいろな人に感謝の気持ちを込められました」。苦境を乗り越えた顔に、悔しさはなかった。

 「手術しなければ、このままでは余命は7〜8年です」。山崎投手がこう宣告されたのは2年前。親元を離れた寮生活がスタートする高校入学直前、「頭からつま先までくまなく調べてもらおう」と母の路子さん(48)が思い立った健診で、脳腫瘍が見つかった。

 身長185センチと体格にも恵まれ、幼いころから風邪ひとつひいたことがなかった。「たびたび熱を出したりしていれば、こんな大きな病気になることはなかったのでは…」。割り切れない思いが路子さんを苦しめた。山崎投手は「何で自分が病気にならなきゃいけないんだ」と絶望感にさいなまれると同時に、「自分は死んでしまうのか」と恐怖感に襲われたという。

 名医を頼って北海道まで飛んだ。入院中のベッドでは、兄の福之(ふくゆき)さん(19)が聖望学園(埼玉)の選手として甲子園で活躍する姿がテレビに映っていた。

 「自分もあの場に立ちたい」。野球への思いを強めたという。6時間にも及ぶ手術は成功。「また野球ができるよ」。医師からの言葉に、胸を詰まらせた。

 難病を克服したことで、「どんな困難にも意味があるし、乗り越えれば今以上のものが得られる。何よりピンチをチャンスだと思えるようになった」と、母子は口をそろえる。

 山崎投手は大会で全試合に登板し、打っては個人大会通算最多安打タイ記録をマーク。決勝でも166球の力投を、母が見守る前で見せた。

 今でも年3回の検査を受けるなど、再発の恐れも残っている。しかし、路子さんは「病気をもっていても夢をかなえるための努力を続けてほしい。そうすれば願いは必ず通じる」と断言する。「それを福也が証明してくれた」と。(石井那納子)

橋下知事「パー券、今後は断る」 誘致パラマウント窓口の購入(産経新聞)
ペンに託す定年後の人生 企業OB70人 作品を発表・批評(産経新聞)
国家試験合格率、PTが92.6%、OTが82.2%(医療介護CBニュース)
核なき世界へ「大きな一歩」=核不使用、ルール化に努力−岡田外相(時事通信)
<与謝野氏離党>谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」(毎日新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-04-08 13:06
 株式の公開買い付け情報を公表前に入手し、不正な株売買で利益を得ていたとして、証券取引等監視委員会は30日、金融商品取引法に基づき、税理士や信金職員ら4人に対し、課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した。4人のうち、課徴金の最高額は1127万円に上った。

 勧告によると、税理士らは平成21年1月から2月までの間、静岡県吉田町の家電、自動車部品メーカー「南部化成」株の公開買い付け情報を知人の同社社員や親会社社員から入手、公表前に200〜1万5900株を購入。買い付け情報が公表された同年2月27日以降に売り抜け、最高で1千万円近い不正な利益を得たとされる。

【関連記事】
増資めぐるインサイダー取引で実質的経営者ら3人を逮捕 大阪地検
ユニオンHD「黒幕」ら、インサイダー取引容疑で逮捕へ
インサイダー認める 元プルデンシャル生命社員ら
故・山野愛子さん三男がインサイダー 証取委、課徴金200万円勧告
家電最大手の創業者起訴 中国、インサイダー取引などの罪で
あれから、15年 地下鉄サリン事件

比例候補、一定割合女性に=共同参画計画で言及検討−政府(時事通信)
<交通事故>トラック横転し道路ふさぐ 15キロ渋滞 兵庫(毎日新聞)
長崎の小型機墜落、原因はパイプの整備ミス(読売新聞)
<紛失>複数の印鑑登録証 区役所から 静岡・清水(毎日新聞)
公明・神崎元代表が最後の質問 4月1日に引退表明へ(産経新聞)
[PR]
by 3p8lo3waox | 2010-04-05 11:31